;

Archive for 例会報告

1月30日(木)例会 【第14回例会】

『着付け講座3』
片山 裕子 様


本日の例会も第7回・13回例会に引き続き、片山裕子様にお越し頂き、着物の着付けの練習を行ないました。

節分祭当日を目前に控えているため、当日を想定して初めは自分達だけで思い出しながら襦袢の着付けを行ないましたが、なかなか思うように着付けることができませんでした。
なので、片山様にはポイントを再度確認しながら、1つ1つおさらいをして頂き、1つ1つ手取り足取り教えて頂きました。

帯の結び方に関してはは前回の例会で教えて頂いたところで、順序は忘れていなかったようなので、
より美しく崩れにくくするために、細かな部分の調整をして頂きました。

例会が終わる頃には、アドバイスを頂くと何とか形に出来る会員も増えてきました。
本番でも今までに教わったことを活かし、昨年度の節分祭よりもステップアップ出来るよう努めたいと思います。

片山様、3回にわたってご指導頂きありがとうございました。


1546296_414445392035649_344272388_n

1月16日(木)例会 【第13回例会】

『着付け講座2』
片山 裕子 様


2014年初めての例会です。
新年初めての例会は、江本会長の『ローターアクトの活動は折り返し地点。下期に向けて全員で取り組んでいきましょう!』という挨拶から始まりました。

本日の第13回例会では、第7回例会に引き続き、片山裕子さまに着付けのご指導を賜りました。
2回目となる今回は、節分祭の本番を想定して実践を繰り返しましたが、苦戦しました。
ご指導頂いた通り試みますが、なかなか土台が作れず安定感がありません。(モデルの会員からもダメ出しが…)

そこで、片山さまには一つ一つのポイントと手順のコツを教えていただきました。
例えば、 始めに帯を胴体に巻く作業では、
・折り返す箇所をしっかり固定する
帯をしめる作業では、
・団子状にならないよう結び目が平面になるよう折り畳む
などです。
一つ一つの手順の意味を理解し、コツを教えていただいたことで会員同士理解を深めることができました。

1505271_492528607534462_650045816_n

12月19日(木)例会 【第12回例会】

『クリスマス例会』
神戸ローターアクトクラブ会員


第12回例会は、神戸ローターアクトクラブ会員によるクリスマス例会でした。

まずは「嘘つきは誰だ」ゲームに初挑戦しました。これは、一筆書きで絵を描きながら嘘をついている人を当てるゲームです。
とても絵心が問われるゲームで、和気あいあいとした雰囲気の中楽しむことができました。

その後はお楽しみのビンゴをしました。しかし、なかなかビンゴになる人がおらず、番号が出るたびドキドキしていました。
何歳になっても、ビンゴのドキドキは消えないものですね。ビンゴになった人から、それぞれ持ち寄ったお菓子を選びました。

いつもの例会とは違った雰囲気の、年に一度のクリスマス例会を楽しむ事ができました!

今回の例会で年度内の半分の例会が終わったことになります。
後半の例会も色々なお話を聞いて学んだり、会員同士の親睦を深め合ったり、スピーチ能力を向上させたりと、有意義な時間を過ごしたいと思います。

1505203_480245602084382_2053510312_n

12月12日(木)例会 【第11回例会】

『ゴルフとテニスと私』
馬場 宏之 様
(神戸ロータリークラブ会員 / ダンロップスポーツ株式会社 取締役会長)


第11回例会では、ゴルフ・テニス用品でお馴染みのダンロップスポーツ株式会社の馬場様にお越し頂き、ご講話をして頂きました。

・ピンチはチャンス
・心技体
・準備が大事
・一人の力ってたかが知れている(全員参加)
・素直で前向き
・毎日の歯磨き
という上記の6つのキーワードに沿って、馬場様の体験談をして頂きました。

XXIO(ゼクシオ)が開発された経緯のお話では、「ピンチはチャンス」を実感されたこと、心技体はアスリートだけでなく会社にも通ずることなど、実際に経験されたことはとても臨場感がありました。
また、この6つのキーワードは、私達がクラブという一つの団体として活動する時にもポイントとなるものばかりで、意識して活動していこうと感じました。

馬場様、貴重なお話を有難うございました。

1511688_431908020269430_209600317_n<

11月28日(木)例会  【第10回例会】

第10回例会では、神戸ロータリークラブ副会長であり、一般財団法人村尾育英会代表理事の村尾憲一郎様にお越し頂き、ご高話賜りました。

“ワークショップ~やってみよう!ブレインライティング~”では、
瞬間的な発想力を鍛えるべく、
ロータリアンの方々とロータアクト会員で6人1チームに分かれ、ゲームを行いました!
アイデアの質よりも量に重点を置く意味合いの強い、有名なブレインストーミングとはまたひと味異なり、ブレインライティングは議論をせずに用紙にアイデアを書き出します。
時間が来たら用紙を順番に回していきながら、前の人のアイデアから新しいアイデアを生み出していくといったルールです。

厳正なるタイムキーパー(村尾様)の下、時間内にアイデアを絞り出さなければならない為とても大変でしたが、試行錯誤すると同時に他人の違った考え方も知ることが出来、たくさんの発見がありました!

今回行ったブレインラインティングのテーマは、
『神戸RACを魅力的なクラブにするには?』というマジメなものから、
『S委員長が雑誌に載った!その理由は?(おもしろく)』など、
終始笑いが絶えない和やかな雰囲気で例会が行われました。
ロータアンの皆様とも楽しくお話しながら、会員一同とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ここで出た意見をクラブの活動にしていきたいと思います!
村尾様、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

 

第10回例会

10月24日(木)例会  【第8回例会】

『滋賀県ってこんなところ』
岡川 正典 様
(神戸ロータリークラブ会員/株式会社ロイヤルオークリゾート取締役総支配人)

第8回例会では株式会社ロイヤルオークリゾート取締役総支配人の岡川正典さまにお越し頂き『滋賀県ってこんなところ』というテーマでご高話いただきました。
滋賀県と言えば 『琵琶湖』 !ということで、はじめに琵琶湖にまつわるクイズが出題されました。
『琵琶湖は滋賀県の面積のどのくらいを占めるでしょうか?』

みなさまお分かりですか?

正解は・・・1/6です!

私たち会員でも正解したのはわずか一人(笑)
※中には1/2と答えた会員も・・・
人のイメージはいかにあやふやなものか実感すると同時に、それだけ琵琶湖は雄大で滋賀県を象徴するものだと感心しました(^^;)

そして、岡川さまには実は知らなかった滋賀県のあるあるをたくさんご教示いただきました。その中の一例として、

・滋賀県の総人口は約140万人で神戸市の人口とほぼ同じ
・琵琶湖の湖面は大阪城天守閣の高さと同じ
・牛の飼育1戸あたりの頭数 全国第2位 (近江牛が有名ですね!)
・あゆの捕獲量 全国第1位
・大学生の数 全国第3位 (京都・東京に次ぐ3位!)
・住宅数増加率 全国代1位
・旅行行動者数 全国第1位

などなど。
へ~!ということばかりで、琵琶湖以外の滋賀県について学ばせていただきました!

滋賀県のこと以外にも、岡川さまにはホテル業界の裏話や経営する上で最も重要なことなどを伺いました。
ホテルを経営する上で重要なこと。
それは 『目的を明確にする ・ ターゲットをしぼる』 ということです。
経営だけではなく、クラブ運営上でも通ずることをご教示いただき内容の濃いあっという間の一時間でした。

今回の琵琶湖もそうですが、
私たちにはまだまだ知らないことがたくさんあります。一つでも多くのことを学び、世間を知ることの大切さを学ばせていただきました。
岡川さま、大変貴重で有意義な時間をありがとうございました。